気遣いのできる生徒

自然教室で日光に行った生徒から、お土産をもらいました。

ありがとう!

先生みんなで分け合います。

 

 

お土産を買ってきたら成績があがる、というわけではありませんが、

「塾の先生のことも気にしている」

つまり

「気遣いができる」生徒は「まわりの意見を聞ける」「まわりも気にしている」

というのが大きいと思います。

 

 

勉強をしていて、

「気遣いができる生徒」の場合は、

「先生がここが大事だというなら、しっかりやろう」

「親に心配かけないようにがんばろう」

となる生徒が多いと思います。

 

 

もちろん、まわりにいるクラスメートとの点数差も気になるので

「良い点をとろう!」

というモチベーションも出てきます。

 

結果、成績は上がりやすいと感じます。

 

 

 

好きなことわざで

人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故か。

それは自分が話す倍だけ
他人の話を聞かなければならないからだ。

というのがあります。

 

まわりの意見を聞ける、まわりを配慮できる、というのは大きいと思います。

 

 

 

性格もありますが、内気かどうではありません。

内気な生徒でも、

先生の話を真剣に聞いて、やるべき宿題をやってくる生徒は伸びています。

 

 

みんなの成績が上がるように願いながら日々過ごしています。

 

 

 

個別指導学院ヒーローズ草加校