アウトプット学習(問題を解く時間)を重視

勉強するときには、

インプットとアウトプットの両方が必要です。

 

 

インプットは、情報を取り入れること。

習っていない問題は、解き方の情報を取りれます。

 

アウトプットは、情報を取り出すこと。

習った問題を解けるか書いてみる。

覚えた漢字、単語、数式、などを書いてみる、

 

 

 

インプットとアウトプット、

どちらを多く行うべきでしょうか?

 

 

 

 

英単語テストが夏休み明けにあるとします。

インプットは、単語を見続ける、先生の発音を聞く。

アウトプットは、何も見ずに書けるか挑戦する、読めるか発音してみる。

 

 

インプット9、アウトプット1。

 

インプット5、アウトプット5。

 

インプット1、アウトプット9。

 

 

 

 

個人の好み、個人差がありますが、

アウトプット(問題を解く時間)の多い方がオススメです。

 

 

インプット2、アウトプット8。

もしくは、

インプット1、アウトプット9。

このくらいアウトプットの多い方がオススメです。

 

 

 

テストに出る単語を知るために、最初はインプットします。

そうしたらすぐに、書けるかテストしてみます。

余裕で書ける単語もあるはずです。

 

書けなかった単語だけ、何度か書く。

書くのは時間がかかるので、脳内の想像で書けるかテストでも可。

 

前回、書けなかった単語をテスト。

書けなかった単語だけ、暗記を繰り返す。

 

たまに、書けた単語を書けるかテストする。

 

 

 

アウトプット(問題を解く時間)を重視するのは、

実際のテストがアウトプット

だから。

取り込んだ情報を、取り出せなければテストで点が取れないので。

 

 

 

講義のような先生の説明が多い、

インプット重視型が好みの生徒、保護者の方は

体験授業で「合わない」と感じるようです。

 

好み、個人差があるので、残念ですが仕方がありません。

 

当塾は、アウトプット学習(問題を解く時間)を重視しています。

 

 

 

<草加の塾>

個別指導学院ヒーローズ草加校