中1、中2から通う塾に通うメリットが大きい理由

夏頃から塾を探すご家庭も多いと思います。今回は中間テストが無くなったので期末テストの様子を見てからのタイミングが増える可能性もあります。

もちろん、「成績が悪い結果だったので塾を探す」よりも「成績が悪くならないよう、テストより前に塾に入っておく」方が良いです。1学期はテスト1回勝負なので。通知表の成績がついた結果は取り戻せないわけです。

上記の話は全学年に言えることですが、今回は受験生以外の1,2年生のうちから塾に通った方が良い内容です。

1、2年の内申点が大きい

「中3の夏から通って頂いて、2学期の成績が大幅にアップして偏差値も上がり、自信もつき、選べる高校が増えて高校進学」は毎年よくある流れであり、私もとてもうれしいわけです。

が、

「中1から通ってたら・・・」

とも思います。

高校によりますが、内申点の比率が

中1:1

中2:1

中3:2

の場合、中1と中2で内申点が半分を占めるわけです。

中3で良い成績をとってもカバーできるのは半分です。

受験生時の偏差値も高くなる

当塾に通って学年1位をとった生徒は、受験生になったときに偏差値が高いことが高確率で予想できます。

「それだけ頭が良ければ、偏差値も高いだろう」

と予想できるわけですが、

順位が上位でなくても、中1,中2でいままでより順位を上げた生徒たちは、中3になってから当塾に入るよりも高い偏差値が出ると予想できます。

理由は、「受験で大事な中1、中2の勉強をしっかり行ったため」です。

受験生になったときに、基礎からやり直すことに時間を使うか、基礎は少しで応用問題に時間を使えるか、苦手な問題に時間を使えるか、このあたりは差が出るポイントです。

勉強へのモチベーションが変わる

ここがもっとも大事なことだと思います。

勉強への苦手意識がついてしまうと、前向きに勉強を取り組めなくなってきます。

「どうせやっても良い点は取れない」

という思いが強ければ強いほど、脳が勉強に拒絶反応を起こして、勉強してもなかなか覚えられなかったりします。

「長時間勉強したのに、覚えられない」

というのは、嫌なことをやっていると思っているので集中力も続かず、脳も覚える気が弱いわけです。

問題がまだ難しくない中1、中2のうちに苦手意識を取り除いていければ、脳の拒絶反応を減らしていければ、モチベーションの面でも内申、偏差値の面でも大きな効果を発揮します。

もちろん小学生から通って頂けると、さらに大きな効果を発揮します。

まとめ

念のため再度お伝えしますが、

中3の夏から成績アップは多数あります。

ただ、早めに来て頂けると大きな効果が出やすいという話です。

入塾前の中1のテストで10点代だった生徒が、入塾後はじわりじわりと点数を上げて中3には90点代に突入し、通知表で5をとって志望校に合格したケースを多くの生徒に味わってもらいたい。

次回、高校生も1年、2年から通うメリットをお伝え予定です。