塾の時間は約1%のため、ご家庭の協力も必要

草加市の中学校では、2学期中間テストの時期になりました。

高校生も今月テストです。

自信のほどをヒアリングしながら激励していきます。

さて、

塾への入塾を考えるきっかけとしては、

やはり

「テストの点が悪かったから」

が多いです。

学年が上がるにつれて、差がついてきます。

できる生徒は90点以上を取り続け、

できない生徒は1桁になったりします。

それも当然で、

基礎の学年で勉強についていけないと、

学年が上がって、より難しい問題は解けません。

なので、成績が下がる前に塾に行くことをお勧めします。

塾に通わせたら、あとは塾にまかせっきりで良いのでしょうか?

任せて平気な生徒もいますが、ご家庭の協力もあった方が良いです。

勉強が嫌いな子が、

塾にいる間は勉強して、それ以外は勉強しないケースもあります。

塾によって時間は違いますが、

週90分前後の勉強だけで成績が大きく伸びるのかどうか。

起きている時間を1日16時間として、週7日で112時間。

そのうち塾の時間が1.5時間。

約1%が塾の時間です。

大人が難関資格を取る場合、この勉強時間だけで取れるかどうか。

少しは効果はあっても、大きな効果を短期間で出すのは厳しい。

なので、

学校の授業をしっかり受ける、

学校のワークやプリントをしっかりやる、

塾の宿題をやる、

学校の宿題もやる、

という塾以外での生活習慣が大事になります。

子供が

「今日はやる気ないから、明日勉強する」

と言ったときに、親御さんがそれを許すかどうか。

今日やるべきことはやらせる姿勢で臨めるかどうか。

塾の時間は約1%のため、ご家庭の協力も必要だと考えます。

親と塾の両方で、生徒を支援していきたいと思います。