時差

先日、

地球儀を使ってマダガスカルの位置を教えてました。

 

なぜか

「マダガスカル!」

と強い口調になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

別の生徒から、時差の質問があったので教え方を考えてみました。

対面で地球儀を使って、わかりやすく説明したいと思います。

ブログ上では文字になりますが・・・。

 

1.24時間で地球が1周(360度回転)する

 

2.1時間で、何度回転する?

360÷24=15度

 

3.(地球儀の)回転方向は?

ハワイ近くの日付変更線を目の前に持って、日本→中国→ヨーロッパの方向へ。

 

4.地球儀を1周したら24時間経過。

 

5.日本を目の前にある状態にして、15度右側と左側は、それぞれ今何時?

現在時刻から1時間ずれることを理解する。

 

6.105度左にあるカイロは7時間の差がある

105÷15=7

 

7.カイロは現在時刻より7時間前

 

8.210度右にあるニューヨークは14時間の差がある

210÷15=14

 

9.14時間前の計算は、アナログ時計を使って1周12時間と、2時間戻し

 

 

基本はこんな感じだと思います。

時差が苦手な生徒に東経、西経を出すと混乱するので

最初は無しで話そうと思っています。

 

 

 

 

~夏期講習受付中~

個別指導学院ヒーローズ草加校