英検の対策は時間的に余裕があるので全員合格を目指す

コロナの影響で英検の日程が延びて、本会場は6月28日になっています。なので1か月ほど延期になっていますね。

(21日の北辰テストは自宅で受験になっています)

学校が休校の中、5月はオンラインを中心に塾の授業は進めていたので中学3年生で英検3級はを受ける生徒はだいぶ進めることができました。

英検3級は中学3年生レベルとされているので、春の時点で塾に通っていない中学3年生は知らない文法が多くある状態でテストに向かう必要があります。

ヒーローズ草加校では、5月から今にかけて先へ先へと進めていて、中学3年生文法はだいぶ進んでいるので合格の可能性は高くなっています。

ただ、英検特有の英単語、長文の問題などは知っている、慣れていないと間違えやすいので対策は取っていきます。

例えば「perform」や「performance」はなじみのない単語なので間違えやすいわけです。語彙問題で正解率が低いと厳しくなります。Eメール問題も、普段メールを使わないとなじみがなく、だれが送信者なのかわからないと混乱しやすくなりますね。LINE世代なので。

こういった語彙対策や長文対策も含めて、当塾の英検対策の生徒には教えていきます。

全員合格を目指して。