親世代よりも競争が大変

来年度から英語の勉強範囲が広くなります。

中学生でやっていたことが、小学生からやり始めます。

高校生でやっていたことが、中学生からやり始めます。

英語に限らず、数年単位で教科書の改訂が行われていきます。

中3になると、9割の生徒が塾に通う時代です。

親世代と違って、塾の数は大量に増えました。

集団塾中心だったのが、個別塾も多くなりました。

そんな中で、生徒たちはしのぎを削っています。

それはそれは、大変です。

親世代のギャップが大きくなります。

「ふだんは遊んでても、テスト前にやれば大丈夫」

の感覚でいると、これもまた大変です。

多くの生徒が、ふだんから多く勉強しています。

「塾は中3からでいいだろう」

の感覚でいると、これもまた大変です。

多くの生徒が、もっと前から多く勉強しています。

勉強の多い生活で、勉強の競争をしている子供たち。

勉強が苦手な生徒は、点数が伸び悩みます。

低学年の基礎ができないまま進むとなおさらです。

遅れた分を取り戻すために、多く勉強する必要があります。

親世代のギャップを埋め、親と塾は協力して、

子供の成長のためにがんばっていきたいと思います。