中間テスト終了も、中3はテスト生活へ

テスト1週間前からやる気を出す生徒に、

「受験は1週間前からでは間に合わない。いまのうちから勉強生活に慣れよう」

と伝えました。

なかなか気持ちを変えるのは難しいですが、少しずつ変わってもらえればと思います。

 

 

中3は1学期中間テストから、テストとテスト勉強の生活が続きます。

・英検(受講する生徒)

・漢検(受講する生徒)

・北辰テスト(受講する生徒)

・期末テストが7月頭にあり、そのための勉強

 

 

テストを嫌がる生徒は多いですが、

テスト慣れした方が受験に有利であり、

テストがあるから(仕方なくとも)勉強する、という利用方法もあるので

どんどん受けることを推奨していきます。

 

 

個別指導学院ヒーローズ草加校

 

努力力をつける

学校で、
好きな授業、嫌いな授業、普通の授業、
いろいろあると思います。

学ぶ必要があるのかないのか、わからない授業もあると思います。
苦痛かもしれない。

ただ、
世の中はやりたくないことも、やらなきゃいけない。

大人になるとそれがよくわかると思います。
やりたくなくても、ある程度しっかりやる必要がある。
いまのうちに、それができるように練習しておく。

大人になって、
「やりたくないんで、やりません」
の性格が強く残っていたら、人生苦労します。

大人になってから変わるのは大変。
やりたくなくてもやる。
努力できる力 を学生のうちから養っておく。

学校、部活が終わっての塾も大変だろうけど
ここで の頑張りが、将来につながります。

 

 

個別指導学院ヒーローズ草加校

A「〇〇は良い」B「〇〇は悪い」

本日より授業を再開します。

令和元年もよろしくお願いいたします。

 

 

勉強に限らず、頭の良い方々のいろいろな意見があります。

 

Aさんの本「〇〇は良い」

Bさんの本「〇〇は悪い」

 

・・・結局、〇〇は良いのか悪いのか?!

 

 

気を付けるのは

Aさんの本しか読んでない人は、

「〇〇は良いんだな」

と思い、生徒なら〇〇をやり、親なら子供に〇〇をやるように提案するでしょう。

Bさんの本しか読んでない人は、逆になりますね。

情報が偏ると、判断にも偏りが出ます。

 

 

 

 

他に気になるのは

”アメリカの(偏差値の高い)××大学での実験結果から・・・”

という場合、

「日本の平均的な子供に通用するのかな?」

という疑問もあります。

何も根拠がないと本に記載できないので、そういった情報を調べるのは

本を出すうえでは正解ですが。

 

 

 

 

いろいろな情報を集めつつ、

結局は

自分に合ったものを選べばよいと思っています。

 

 

 

生徒から相談を受けたら、その生徒に合わせて提案しています。

 

正解はないので、いろいろ試してみてもらい、

合うやり方がみつかればよいと思います。

 

 

個別指導学院ヒーローズ草加校